先日は尼崎ロータリークラブ会議の記念演奏に呼んでいただきました。貴重な機会で、師匠の吉村先生に声を掛けて頂き、本当に嬉しかったです。吉村先生と二人での演奏は初めてだったので、少し緊張しましたが、演奏はうまくいきました。
演奏は30分程。尺八の簡単な歴史と紹介を含め、三谷菅垣と鹿之遠音を二人で演奏し、最後は私の「一定」独奏で終わりました。
「一定」は、まだ充分に稽古出来ていないにも拘わらず、熊本のコンクールに向けて、暗譜で吹かせて頂き、吉村蒿盟先生に感謝しています。人前で暗譜で吹く練習を重ねておかないと、と改めて痛感しました。
吉村先生と、「鹿の遠音」も暗譜でした。暗譜で吹くのは、まだ慣れていないので、何となく不思議な感じがします。
でも、譜面を見る必要がないというのは、譜面があれば、譜面を見ないといけないという、本来、演奏には必要の無い意識から、何となく、解放され、気持ちを込めた演奏が出来ると感じました。
まだまだ未熟ではありますが、自分の演奏を色んな人に聴いて頂ける事は本当に幸せだな、と思います。