「青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光」、『仏説阿弥陀経』の中にある言葉です。阿弥陀仏の浄土に咲く蓮の花のありさまを語ったものです。

"僕を越えて貰わないといけない!"と、尺八の師匠に何回も言われましたが、私はその言葉があまり好きではありません。尺八の音色こそ、楽器や奏者によって雰囲気が違い、同じもの、同じ花は二つと無いからです。だから私は自分の特徴を生かし、自分にしかできない演奏を目指したいと思います。

私たち一人ひとりが、すでにそれぞれの色を持ち、光り輝いていくことです。自分らしく光り輝いて生きて行きたいと、心より思っています。

My way  自分らしく
IMG_0892
IMG_0893